セラピストを楽天ポイントで購入ならコチラ 2018年度

“この症状はこの筋肉が緊張している可能性があります”で終わらず、「だから何?」「で、どうすれば良いの?」ってところまでツッこんでくれているので医学素人にはありがたい限り。セラピストのみならず、たくさんの人に読んでほしい本だなぁと思いました。堅苦しくなく、楽しく学べそうな本です。

コレです♪

2018年01月15日 ランキング上位商品↑

セラピスト感じてわかる!セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかた [ 野見山文宏 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

分かり易くて!ヨガをやってる方にもオススメです。目からうろこです!とてもわかりすい本です。この本はまさにそんな感じで!難しい体の機能をたとえ話に置き換え!小さいコラムを毎回読み進めるような感覚で少しずつ読んでいけます。インストラクターしてます。。何より一面的になりがちな!身体の見方を様々な切口から展開していくことで心と身体のつながりや!ホリスティックな視点までも伝えてくれている本です。人体解剖図も骨格標本も中学で見たきりで、人体について学んだことなどないのですが、説明している骨や筋肉がどれか、自分の身体に触れて確認する方法が書かれているので、非常に理解し易かったです。分かりやすくて購入してよかったです。11月のセラピスト試験に向けて頑張ります。いいセラピストになれるよう頑張ります。不調をマクロで診るのではなく、全体の繋がりで診るこの感覚、西洋医学のお医者さまにも身につけていただきたいなぁ。セラピストとして必須の本!体と体のつながり!そして心と体のつながりが!病気としてどのように表れるか!そしてどのように治療方針を立てたらよいか!具体的に分かる本。肩を張らずにさらっと読めるのが良かったです。仕事の役にたってます。人気があるようで店舗にない事も多くやっと見つけて購入できて良かったです。自分の身体のことを深く知りたい人やセラピーの現場などで実際に身体と向き合うための貴重な知識を丁寧にわかりやすく解説してくれています。ちょっとした雑談に引用するにはとても活用しやすいと思います内容が分かりやすく!すぐに読めます。実用度が高い内容となっています。学問的よりも実用的な内容です。(個人的にはもっと専門的な内容を知りたいです)学問的・体系的な解剖生理を学びたい人には不向きです。初心者や解剖生理についての入り口として読むにはいいと思います。面白い視点からの内容でこれからの自分に役立てていきたいと思います。夜寝る前にポケッと読むにもいいです。レビューがよかったので購入しましたが、わかりやすい文で読んでて楽しいです。これを元に本格的な体の理論は学べませんが、話のネタとして読むにはとっても良い本です。医療大学に通う娘に頼まれて購入しました。運動の合間の話って大事ですが、小難しい話を楽しく分かりやすく話すようにしてます。文章もわかりやすく、よくある症例からの説明で現場に生かしやすい内容です。ヨガをしている私には、とても役に立ちます。セラピストではなく!好奇心だけで解剖生理を勉強したかった私ですが!非常に良い本に出遭えたなぁと思っています。けれど、この本は「ああ、身体ってこんな風な見方もあるんだ!」という新鮮な視点を提供してくれます。セラピストには向いています。国家試験対策のためなら別の専門書をお勧めします。